フィギュア

羽生結弦選手、優勝おめでとう!!
キレッキレのジャンプと、ジャンプから着地した時のロンドジャンブからアラベスクプリエ(っていう言い方かはわかりませんが)のラインがとても綺麗で好きです!
フィギュアはバレエに通じるところも多いので、じっくり観てしまうのですが、バレエ側の人間としては、音の抑揚とジャンプや回転技の抑揚のタイミングを合わせたらもっと盛り上がるのにーと思わずにおれません。音楽がただのBGMになってしまってるのを見ると、勿体ないなぁと。バレエと違って純粋に芸術なだけではなくスポーツなので、色々やろうとするとそう上手くはいかないんだ!って言われそうですが・・・でもフィギュア関係者に聞くと、これからは音楽とより融合した芸術性の高さが求められていく可能性がある、との事なので、フィギュア好きのバレエピアニストとしてはちょっと期待✨。

さて今日は金メダル決定後興奮冷めやらぬ中エンジェルアールのクラスを弾いたので、お祝いに羽生選手の踊ったショパンの「バラード」弾きました。(←私の五巻にも入ってます!ちゃっかり宣伝。)

 

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントする

ゆきさん。

ホフマン物語本番中。

昨日今日と、お客様の前で朝の公開レッスンが行われました。


そして・・・仲良しの仙頭由貴さんのバレエ団最後の日でもありました。涙


ゆきさんとはウィーン国立、新国立で一緒に過ごした仲で、人生の節目や決断する事がある時には何故かいつも一緒で、相談に乗ってもらった大切な友達です。寂しくなるけれど、必ず変化は訪れるもの、未来のダンサーを育てたいという新しい夢を叶えるために旅立つゆきさんを応援します!

 



お疲れ様ー!

ゆきさんの主催するバレエスクール情報はこちらから。

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントする

Reunion

久しぶりのパリ時代の友達と同窓会@「ベトナムちゃん」



スタダンの渡辺恭子ちゃん、東バの中村祐司くん、美尻王子の竹田純くん、などなど、あの頃パリに居た面子が集まって、ものすごい喋ってものすごい笑いました・・・もう15年前かぁ。パリに居た時は、毎日生きることに必死、一生懸命な毎日でしたが、今こうして笑ってあの頃のことを話せる友達がいるって素敵です。

大久保駅すぐそばの「ベトナムちゃん」美味しかった❤︎

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントする

クラス見学会

新国立劇場「ホフマン物語」公演期間中に、舞台上クラスレッスンの見学会が行われます。

詳細はこちらからどうぞ🌟

 

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントする

ニューイヤーガラ

瞬く間に終わりました。

お正月休みも早々に切り上げ、あっという間に稽古してあっと言う間に本番となる恒例のニューイヤーガラ、今回はパドカトル、グランパドドゥ2つ、シンフォニーインシーというプログラムでした。

パドカトルは、この作品を復活させたアントン ドーリンの財団が設立されたのに伴い、これからは財団から指導を受けて上演する作品となりました。今回来日したのはメイナ ギールグッド、その時代を忠実に再現する実に細かい指導でダンサー達も大変そうでしたが、仕上がってみると「パドカトルはこれくらまで時代のスタイルを再現してくれて初めて面白い!」という見応えのある作品になりました。
さて、シンフォニーインシーの方は、昨年と今年の本番前と2回、バランシントラストからパトリシア ニアリーが指導にいらっしゃいましたが、このレジェンドの域にある方とお仕事できるのは緊張もありますがとても素敵な経験でした。失礼ながらもうかなりのご高齢でありながら、リハの進め方は非常に合理的で効率良く、時間通りに終わり(これとても大切)オシャレでフランクでストイック、そして厳しい!私あまりニューヨークの事分かりませんが、ニューヨーカーってこんな感じ?でしょうか?私はこういうの大好きです!

パトリシアは音に対してもセンスがある一方、リハ中のピアニストに対しては、要求された箇所を瞬時に弾き出さなければならない、など大変厳しくもあります。そんなわけでピアニストは皆かなり緊張しました。

今でも毎朝ダンサーと一緒にクラスを受けるパトリシア、レッスンティーチャーのアンシェヌマンを真面目に見つめるその横顔は、カンパニーの若いダンサーと同じ様に謙虚でした。クラスを弾きながら彼女のそんな姿を見れたのも貴重な経験でした。

そんなパトリシアも絶賛する新国立のシンフォニーインシー、世界中のバレエファンに自慢したいくらい本当にクオリティが高いです。

(って舞台が終わった後に書いてもね、すみません。)

 

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントする