終了〜

横浜バレエフェスティバル2017無事終了しました。

モーツァルトをバレエのために弾くのはいろんな意味で勇気が要りましたが、とても楽しかったです!若いダンサー達の『踊るのが楽しくて仕方ない!』オーラ、時に真剣で純粋な眼差し、時にふざけて笑いながらじゃれ合っている無邪気さ…このモーツァルトをどう弾こうか?その答えはリハーサルを共にした彼ら自身がたくさん持っていました。

さてさて、本番は緊張するものですが、個人的には、リハーサル時から遠藤康行監督に

『最後に全員で出るフィナーレではあゆみさんもダンサーと一緒にポロネーズステップを踏んで貰います』

と冗談とも本気とも取れることを真顔で言われ、(そして皆誰も冗談だと言ってくれない)笑ってやり過ごしていたものの、もし万が一本当だったらどうしよう?と言う、演奏とは関係ない変なドキドキがありました(笑)



で、ポロネーズしたかって?

もちろんしませんよ!だって私がポロネーズステップしてたら、お客さんは折角のスター達を見ずに皆私に目が釘付けでしょ…

前列右から、倉永美沙さん、近藤あこさん、竹田ひとみちゃん、後列右から遠藤康行さん、清水健太さん、飯島望未さん、湯浅永麻さん、アントン ヴァルトバウワー君、八幡顕光君、私、加藤三希央君、二山治雄君、チェンウ グオ君。

お疲れ様でしたー!

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントをどうぞ

バレエナビ インタビュー掲載のお知らせ

バレエ情報サイトの「バレエナビ」Pick UP!コーナーで取り上げて頂きました。

こちらからご覧下さい。

 

 

 

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントをどうぞ

横浜バレエフェスティバル

ただいまリハーサル中。


才能とエネルギーに溢れる若きダンサー達!6/9,10横浜バレエフェスティバルにて、遠藤康行さん振り付けの『les brillants』でこの子達の踊るモーツァルト『きらきら星変奏曲』を弾かせて頂きます。

普段こんなに若いバレリーナと仕事をする機会がなかなか無いので、テンションの高さが新鮮過ぎて!もちろんプロダンサーのテンションはまた違う意味で凄いものがありますが、この『いつでも元気!痛いとこ無し!人の振りまで袖で踊っちゃう!』みたいなのは、思わず若いって素晴らしいなぁ、と思わずにはおれません。(笑)

私も老体に鞭打って彼らとの共演を楽しみたいと思います!モーツァルトの無邪気でチャーミングな感じが彼らにぴったりなので、振り付けとの兼ね合いを見ながらどうやって弾こうか?考えながらリハーサルしてます。

世界で活躍するダンサーが集結するガラ公演、横浜バレエフェスティバルの詳細はこちらから。

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントをどうぞ

おさよ

東京シティバレエ団と柳家花緑さんによる「新 おさよ」を観てきました。

落語とバレエ ジゼルが融合した珍しいコラボ舞台!世界初の企画だったそうです。まぁ当然と言えば当然か。

突拍子もない組み合わせにも見えるこの2つには、実はリンクするものがあります。それはズバリ、間の取り方。落語もジゼルも、間が命。これが上手に出来るか出来ないかで面白さが全く違ってくるのです。うーむ、このコラボは深い…  
さて、この公演、新国立で副指揮をつとめる木村康人さんのバレエ指揮デビューでした✨

序曲から音が綺麗で木村さんの優しい人柄が音に現れてます、ジゼルを踊った志賀郁恵さんは音と上手く遊んでいて、良い感じ(^^)花緑さんも音楽とセリフのタイミングをバシっと合わせて音とよく絡んでいて、大成功の舞台でした!



マエストロへの差し入れのワインは、暑くなって来たので白、そして木村さんはアメリカ育ちなのでカリフォルニア、というチョイスでau bon climat(オーボンクリマ)のシャルドネ。

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントをどうぞ

ワークショップ終了!

バレエピアニストによるワークショップ@アーキタンツ、無事終了しました。



バレエ教師のコースでは、音楽を聴いて踊る事の大切さ、教える際に音楽的に気をつけるべき事、生徒とピアニストに分かりやすいカウントの取り方、などをお話しました。


バレエピアニストのコースでは、バレエピアニストとしての在り方から始まって、教師とのコミュニケーションの取り方、アレンジと即興の為のトレーニング方法など実践的なものまで・・・3時間で詰め込みましたが、皆さん真剣にノートに取っていらっしゃいました。

ワークショップでもお話ししましたが、バレエピアニストの仕事というのは、ある基本的な約束さえ守れば、あとはそれぞれのピアニストの個性で如何様にも違う解釈や弾き方が存在して良いものなのです。今回お話しした事は、マッシミリアーノと私という二人のバレエピアニストが今まで仕事を通して学んできた事をお伝えしたにすぎません。あとは皆さんがワークショップで得たアイディアを元にそれぞれの技術と個性を伸ばして頂けたら嬉しいです。

ハードな三日間を終えて打ち上げ。お疲れ様ー!ワークショップの他に1週間アーキタンツでクラスを弾いて、他のピアニストとも交流したマッシミリアーノ。私も常々思ってますが、彼も日本のバレエピアニストのレベルの高さ、仕事に対する熱意に驚いてました!

「バレエピアニストというものは存在しない、いつでもピアニストであれ」

by Massimiliano Greco

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル | コメントをどうぞ