子供を教えるということ

今日はA.O.D.T( The association of Dance and Teachers) によるバレエ教師と治療師のためのジョイントセミナーを弾きました。教師はベルギーから、ヤンヌイッツの教授法を受け継いだキミー・ローウェンス。たくさんのバレエ教師が見学する中、的確に、そして魅力的に子供たちを惹きつける指導を実践して下さいました。子供って、本当に説明の仕方ひとつで理解度が驚くほど違ってくるのがすぐ分かるので、いかに教え方が大事かを痛感します。近年、海外から本当に多くの教師が日本に教えに来たがりますけど、特に子供のクラスは「振りを出すだけで子供は何もわからず右往左往して終わり」というような全く子供のためになって居ない所謂「出稼ぎゲストティーチャー」を沢山見て来たので、なおさら今日のような優秀な教師との出会いを嬉しく思いました。

そしてセミナーの最後には、受講生達の前で小野絢子ちゃんと福岡雄大くんによるジゼルのデモンストレーションを弾きました。賛助出演のミルタ役には堀口純ちゃんという豪華な顔ぶれ。少し事前打ち合わせしただけでしたがさすがのペアでスタジオは一瞬にしてジゼルの世界になりました!

 



小野絢子ちゃん、福岡雄大くん、堀口純ちゃん。

 

 

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*