8月後半。

夏もそろそろ終わり。

海外から帰国中のダンサー、学校がお休み中の学生さん、などで夏休み中は東京のオープンクラスも賑ってました。人が多いとクラスも盛り上がりますが、スタジオが混むことで、周りのダンサーへの気配りもお忘れなく。
ピアニストにとっても、混んでいると、アンシェヌマンを出す先生を見たり、センターの最後のグループがどこかを見るのも一苦労なので、こういう時にピアニストが見えるようにサッと動いてくれるダンサーには感謝です✨
さて。私の夏を締めくくる大仕事、(←仕事じゃないけど)父のチェロ教室発表会の伴奏。モーツァルト『フィガロの結婚』より、恋とはどんなものかしら、を演奏しました。



一年でものすごい上達した父!最近実家に帰るといつも練習していて、絶対私のピアノより練習してますね、あれは。
  私も新シーズンに向けて練習せねば…

カテゴリー: ノンジャンル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*