バレエ・アステラス2016


7月31日、海外で活躍する日本人ダンサーによる「バレエ・アステラス2016」公演が開催されます。
今回私は、海老原由佳さんとダヴィッド・チェンツェミエック組の踊る作品「アスフォデルの花畑」で、プーランクの「2台のピアノによるコンチェルト」を弾かせて頂きます。

最近ではロイヤルバレエ団で全幕バレエ「フランケンシュタイン」を振りつけて話題の若き振付家リアム・スカーレットによるこの「アスフォデルの花畑」。美しい振付と、プーランクの美しい旋律の質感がしっとりと合っていて、素敵なんです。静かなフランス映画を見ているよう。もう一人のソロピアニスト巨瀬励起さん、そして東京フィルハーモニー交響楽団とご一緒させて頂くのも大変光栄ですし、楽しみです。

出演ダンサーも次々と来日してリハーサルが始まっています。
同じクラシックバレエダンサーといえども、世界の色んな所から集まると皆それぞれ個性があって、、、改めて、ガラって面白いです!

バレエ・アステラス2016の詳細はこちらから。














Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*