5巻の舞台裏・・・

新国立劇場では「アラジン」が無事初日を迎え、ちょっと一息。
私のCD5巻も店頭販売が始まり、既に多くの方が手に取って下さっているとの事、ありがとうございます!
今回の5巻は、完成までに本当に大変で時間がかかったので、こうして出来上がってきたものが手元にあるのが未だに実感が湧きません。

AH05

 

 

 

 

 

 

 

帯にある推薦コメントは私のピアノを気に入ってくれたマニュエル・ルグリ氏がプレゼントして下さいました。

今回も選曲はとても悩みましたが、中でも大変だったのはウエストサイドストーリーのJet Songです。
これ、リズムがちょっと面白くて、シンプルなアンシェヌマンと合わせると楽しいなと思って選んだまでは良いのですが。
実は「ウエストサイドストーリー」をバレエ用にアレンジして弾くためには、ニューヨークのバーンスタイン財団からアレンジ譜の審査を受け、そこから許可を得なければならないのでした。他に方法はないか、実は数年前から色々考えてみたもののやはりこの審査通過しか方法がなく。
「審査が年に何度行われるかも分からないし、条件から言って、まず審査には通らないです」と言われていたのですが、やっぱりこの曲でダンサーにタンジュしてほしい!これ絶対素敵だから!と熱意を込めてアレンジ譜とプレゼン資料を作って財団に提出したところ、待つこと数ヶ月、なんと「approved(許可)」のメールが届きました!奇跡!
というわけでタンジュは何年か越しの願いが叶った思い入れのある一曲です。リズムが個性的な代わりに、脚がメトロノームのようにシンプルに中取りして拍を捉えるようにすると楽しいかも!
素敵なアンシェヌマンを作ってもらえると良いな・・・

↓曲の一部が試聴出来ます。
http://www.mediaphoriejapon.com/product/34

長くなったので続きはまた今度!

 

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*