無事終了!

 

バレエピアニストの為のワークショップ、全三日間が終わりました。
お蔭様で連日50人を超す方にご参加いただき、壮大な会となりました!



 

 

 

 

 

初日は初心者向けに、「バレエピアニストとは」から始まり、ステップの意味と名前など基礎的なことを中心に。
先生の出すアンシェヌマンにどの曲をつければよいか?という実践コーナーでは、ダンサーの島田沙羅ちゃんの美しいデモンストレーションに合わせて、参加者の方達に選んだ曲を弾いて貰いました。



 

 

 

 

 

二日目、三日目はマッシミリアーノの上級編で私は通訳。こんなこともやりました↓



 

 

 

 

目隠しして即興演奏トレーニング!
このトレーニングで、皆マッシミリアーノの様に自由自在に即興演奏出来るようになる!かも!

マッシミリアーノの弾くクラスを見学したピアニスト達からは「素晴らしいけど、とてもあんな風には私は弾けない…」というため息交じりの声も聞こえました。
でも、この講習会でマッシミリアーノと私が目指したのは、あるピアニストの、クラスに対する面白いアプローチ方法を紹介する事によって、バレエピアノには一通りだけでなく様々なスタイルやアプローチ方法がある事に気づいてもらう事だったのです。
これをきっかけに、ピアニストの皆さんが自分のセンスと方法で、個性もあり魅力的なクラス音楽を作れたら、素敵だと思います。私もワークショップで触れましたが、バレエピアニストは皆違うから面白いんです。
みんなちがって、みんないい… でないと、ダンサーも飽きちゃいますからね。

 

#######

 

いやいや、終わったから言えますけど、緊張しましたー
友達からは、
「普段大勢のダンサーの前で弾いてるから平気でしょ」
と言われてたんですが、ダンサー50人の前で弾くのとピアニスト50人の前で弾くのとはやっぱり緊張の質が違います!

喋るのも緊張してカミカミになるだろうなーと思ってたんですが…
よく考えたら、子供のころは万年学級委員だったし、大学時代はバイトで塾講してたし、教育実習で行った男子高校では「男子校でもやっていける声の大きさ」と褒められたし、考えてみたらわりと人前でしゃべってたかも・・・

とにかく、無事に終わってホッとしました・
ご参加いただいたピアニスト、教師の方々、ありがとうございました。お疲れ様でした!

 

 

Instagram

バレエレッスンCD オンラインショップ -メディアフォリ-

メディアフォリ facebook

カテゴリー: ノンジャンル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*